お買い物の購入期と休眠期

こんにちは。
東京は冷た〜い雨です。
こんな日は、お布団の中でツボからハチミツをなめて冬眠していたいミランダかあちゃんです。

ゆか様からのコメントで
「かあちゃんは一目惚れで買う場合と、事前にリサーチしてから買う場合、どちらが多いですか?」
というご質問がありました。
かあちゃんは、一目ぼれで即決することはほぼないです。ケチなので(笑)
例えばZARAで気に入ったものがあっても、周辺のベルシュカやH&Mなどいつものルートをチェックして、1回帰って考えてから・・・となることが多いです。
お仕事や育児で忙しい方はなかなかそうしたお時間もないと思うので、そんなにフラフラできるのは年齢を重ねた特典だとは思いますが。。

 

ところで、かあちゃんの買い物には購入期と休眠期があります。

★購入期
3月>4月>5月>6月最終週からのセール
9月>10月>11月>12月最終週からのセール

★休眠期
6月前半、7月、8月、12月前半、1月、2月は
大好きなブランドのファミリーセール以外、ほとんど服を買わない休眠期です。

 

休眠期に何をしているかというと、クローゼットの中を整理点検したり、不用品を処分したり、
コレクション画像や、ブランドから送られてくるカタログを見たりして、次のシーズンの情報を仕入れ、お買い物の作戦を立ててます。
2月8月に何か買うとしたら、服ではなく、次のシーズンの靴やバッグですね。

 

で、購入期の3月と9月には、そのシーズンに一番着たいと妄想を膨らませていた服を試着して、どーんと買うことが多いです。
4〜6月、10月〜12月は単品でポツンポツンと買う感じですね。

流行に関係なく長く着られるベイシックな服は魅力的ですが、
どんなに高級で高価な服も、そしてベイシックな服も、ファッションアイテムである限り「流行」と無縁ではありません。
(かあちゃん本にも書かせていただきました)

 

俗に業界の方々は、新しいものやトレンドに対する姿勢をこんなふうに分類しています。

 

・「イノベーター」
新しいものを積極的に試そうとする人たち。

・「アーリーアダプター」
イノベーターの次に流行にのる人たち。

・「アーリーマジョリティ」
平均的な人よりちょっと早く流行にのる人たち。

・「レイトマジョリティ」
新しいものに対して慎重で保守的な人たち。

・「ラガード」
新しいものをなかなか取り入れない人たち。

マーケティング関係のお仕事をされている方は、かあちゃんがご説明するまでもないことですね。

 

 

例えば、以前すごく流行った「パラッツィオパンツ」で説明すると、
まだ誰も履いていない時期にいち早く取り入れて、「変わったパンツね〜」と珍しがられる人の次に、
モデルさんや有名なスタイリストさん、インフルエンサー的な人が履いて「これいいよ〜」と広め、
おしゃれ番長な女友達が履いているのを見かけるようになって、
私にはどうかしら?と見守っていた人たちもついに履き始め、
最後は山手線の1車両に2〜3人は、パラッツィオパンツを履いている状態になる。
で、この状態になる頃にはイノベーターやアーリーアダプターの人たちは、とっくに次の流行に移っている。
と、こんな感じでファッションは変化をし続けていますから、当然流行には賞味期限があるわけです。

 

最初の購入期と休眠期の話に戻りますが、
同じ服を3月に買うのと8月に買うのを比較すると、8月に買ったものは5ヶ月間も賞味期限が短いことになリます。
だからセールの尻尾に売っているものは(よほどの定番でない限り)価格は安いけど着られる時期は短い。
お値段を着用日数で割ると、かえって割高かも?!

 

なので服をドンと買う時期と買わない時期、かあちゃんはけっこう濃淡つけて予算も考えているので、
例え一目惚れしても
「これ買っちゃったら、9月に買おうとしていたスカート買えないけどいいのっ?」
と、お財布がささやいてきて我にかえる・・・ということもあるわけなんでございます。
5回に1回くらいは誘惑に負けること、ありますけどね(笑)。

パリのレ・アール地区の、「agnes b.(アニエスベー)」本店。
このブランドの「カーディガンプレッション」くらい息の長い商品ならば、「ベイシックな定番品」と言ってもいいですね。
スポンサーリンク

お買い物の購入期と休眠期” に対して 11 件のコメントがあります

  1. とも より:

    こんにちは(^-^)
    とっても興味深い内容です。
    「3月と9月にそのシーズンに一番着たい服を購入する」とありますが、3月に真夏に着る服を購入するという事ですか?
    9月にセーターは想像できるのですが、3月だとまだ寒さの方が勝ち、想像ができません(^^;)

    私もこれからは計画的に服と向き合おうと思い、もう一度かあちゃんさんの本を読み直そうと思っています。
    そこで質問なんですが、ずばり服にかける予算はどの様に考えて(決めて)いますか?
    収入により人それぞれだとは思いますが、女性は服の他に化粧品やメイク、美容院など色々と出費がかさみます。

    お金の事を聞くなんて大人の女性がする事じゃないわって思われるかもしれませんが、もし宜しければ差し障りがない程度に教えて頂けると嬉しいです。
    よろしくお願いします!

    1. 輪湖もなみ 輪湖もなみ より:

      ともさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
      3月に買うのは主に春物・スリーシーズンものですね。
      真夏の半袖やリゾートウェアなどは、各月ちょこちょこ買いになります。
      真夏はまとめて買ったとしてもトップス&ボトムス各1枚という感じになりますし、痛みが早いので「ど〜んと買う」感じではないですね〜。
      予算について、できる範囲で記事にさせていただきますね。

  2. クリス より:

    こんにちは、3月より仕事の内容が内勤から外勤で個人客の営業に変わります。
    どのようなスーツにしようかと思案中です。世の中がカジュアル傾向なので、スーツを扱っているブランドがわかりません。
    50代が着るスーツのブランドでオススメがあれば教えて下さい。

    1. 輪湖もなみ 輪湖もなみ より:

      クリスさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
      お仕事の内容が変わられるのですね!
      女性用スーツ、ちょっとリサーチしてからお返事いたしますね。

  3. マまぐろ より:

    こんにちは。
    トレンドに対する姿勢の分類、興味深く拝見しました。
    私は完全に「ラガード」ですね。新しいものをなかなか採り入れないどころか、同じ服を何年でも着続けるという、ファッション界の敵みたいな存在かも〜?(^^;)
    もっとも、規格外の体型ゆえ、日本に住んでいた時分には流行のものを買おうとしてもなかなか身体に合うものが見つからなかったという事情もあったのではありますが…
    最近は、ファッション・コンシャスなお年頃の娘にいろいろアドバイスもらっています。

    1. 輪湖もなみ 輪湖もなみ より:

      マまぐろさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
      ファッション業界の人たちは、次々買わせるために仕掛けてきますけど、かあちゃんは「ラガード」でも全然いいと思いますよ〜。
      自分の軸を見失しなわないことも大切ですもの。
      ファッションコンシャスなお嬢様のアドバイス、参考になりますね!
      ウチの娘も手厳しいです;^^

  4. azuki より:

    輪湖様、いつも拝読するのを楽しみにしております。
    イノベーターの意味がやっと理解できました。
    ところで、輪湖さんはどちらの眼鏡をご愛用されてますか?
    私は、ずーっと眼鏡に陥ってます。職場用、読書用と数個を
    使い分けておりますが、いまひとつどれも満足しておりません。
    自分の、顔、スタイルに合う眼鏡の探し方、選び方を価格も含めて
    一度お聞かせいただけないでしょうか?
    よろしくお願い致します。(50代 会社員)

    1. 輪湖もなみ 輪湖もなみ より:

      azukiさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
      かあちゃんの黒縁メガネはMOSCOT(モスコット)というブランドで、確か3万円前後でした。
      その前はSALTというブランドのものを使っていて、それも使いやすかったです。
      かあちゃんは老眼と乱視なのですが、実用以外も気分を変えたい時によくかけております。
      メガネばかりは、その方のお顔の形や輪郭、もちろんお好みなど様々な要素で似合うものが違うと思うので、なかなか難しいですよね。
      かあちゃんは顔が大きいので、負けない大きさのメガネを選びました。
      お気に入りのメガネに出会えますように。

  5. Hoom より:

    もなみさん、いつも楽しい記事をありがとうございます。

    さてさて
    まずは1軍ボトムスを揃えることを一番の課題に、昨年からクローゼットを育て始めましたが、
    先日、春夏の定番になってくれるパンツに出会い、色違い・素材違いで2本購入してしまいました。

    お店の方のお話では、
    こちらはメンズがメインのパンツブランドで、シーズン毎に大きくスタイルを変えることもないだろうとのことで、
    秋冬物も少しずつ揃えていけるかな、と期待しています。

    インポートで、やや財布が痛い値段でしたが、
    フライング気味に「購入期」を迎えて着用日数を稼げた!!と自分に言い聞かせています(笑)

    今シーズンの「どーんと買い」を済ませてしまいましたので、
    もう財布の紐はぎゅうぎゅうに締めるべきなのですが、
    そういう時期に限って、安物買いや衝動買いをしてしまうことも少なくない私です…

    誘惑に負けそうな時は「これ買っちゃったら、秋冬の定番パンツが買えないけどいいのっ?」と、自制に努めますが、
    かあちゃん流の誘惑に打ち勝つ言葉、ほかにもあったら教えてほしいです☆

    1. 輪湖もなみ 輪湖もなみ より:

      Hoomさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
      春夏定番のベイシックが早い時期に手に入ってよかったですね!
      きっと毎日のスタイルングをすごく助けてくれるものになると思います。
      かあちゃんが誘惑に打ち勝つ言葉・・・かあちゃんも自分に厳しくしきれないので(笑)あまりご参考になるようなこともないのですが、
      クローゼットが少しづつお気に入りばかりで満たされていくと、「変な服には絶対に仲間入りして欲しくない」って思うようになるんですよね。
      クローゼット育てがますます楽しくなるよう、応援しています。

      1. Hoom より:

        もなみさん、ご返信ありがとうございます。

        「仲間入りして欲しくない」、
        この考え方もしっかり心に留め置きます!

        ちょうど今、『服や家を全とりかえしたい!という呪縛から逃れる方法』の記事を読み返していました。
        こちらの内容と重なることですね。

        『かあちゃん本』の中でも
        もなみさんが、ひとつのコーディネートを完成させるのに1年以上の時間をかけて、少しずつアイテムを揃えていらしたことを思い出しました。

        私は「今すぐおしゃれにならなければ!」「コレとコレ…を買い逃してはならない!」と、
        なんだか追われるように買い物をしていたように思います。
        今まで、おしゃれを心から楽しむことができていなかったのかもしれません。

        「インテリアもファッションも、目に見えるものは全てその人そのもの。
        誰だって未完成。
        そして誰でもきっと、今日よりもっと良い自分に変われると思います。」

        もなみさんの優しさが心に響く言葉です。

Hoom にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA