【服屋であるある】あなたが得するお客様になる方法

こんにちは。ミランダかあちゃんです。

今日、ユニクロがZARAを逆転へ 株価高騰で時価総額がアパレル世界首位に

というニュースが飛び込んできました。
ファーストリテイリングの株価が、今日午前の時点で10万3400円まで上昇して、時価総額は10兆9680億円を記録したそうです。
んーとうとう。。。という感じです。

 

 

さて今日アップしたYouTube動画はこちら

試着したら断れない?接客がわずらわしい?販売スタッフを上手に味方につけて得するお客様になるためのコツをお伝えします

最近は、実店舗でのお買い物より、お家でネットショッピングを楽しむ方が増えていると思います。
かあちゃんも昨年一昨年よりグッと、実店舗でのパトロールが減ってしまい残念。

ただそうなってくると逆に、店舗で実際に商品を見て触って着て確かめることのありがたさとか、
店舗の販売スタッフの方とのやりとりから得るものについて、考えさせられるようにもなりました。

たまの実店舗のお買い物をうんと楽しむため、販売スタッフと上手にコミュニケーションをとり、いいお買い物したな〜と満足する経験を、みなさんに増やしていただけたらなあ、と。

販売スタッフのことをわずらわしいと思う方、話しかけられるととにかく怖くて・・という方もいらっしゃると思いますが、
アパレル衣料は肉や野菜を買うのとは違い、「買ったものをどう料理するか?」が大事です。
だから店舗は単にものを買う行為の場ではなくて、その商品にまつわる情報もセットで売ってもらう場 だとかあちゃんは思うのです。

 

上手にコミュニケーションが取れる販売スタッフがいることは、専属スタイリストがいるのと同じくらい心強いこと。
なので、情報をシャットダウンしてしまってはもったいないです。

 

 

かあちゃんは、販売スタッフの考えていることも、買う側の消費者の気持ちもよくわかっていますので、
それぞれの立場を橋渡しするつもりで、より良い関係を築けるちょっとしたコツについて今回動画を作らせていただきました。

かあちゃんの新刊本「どうせなら歳は素敵に重ねたい」にも、ものの買い方・持ち方について書いた章がありますので、よろしければ合わせてお読みいただければ嬉しいです!

試着したら断れない?接客がわずらわしい?販売スタッフを上手に味方につけて得するお客様になるためのコツをお伝えします

かあちゃんの新刊本「どうせなら歳は素敵に重ねたい」を読んだよーという方、Amazon・楽天で購入された方は、ぜひレビュー投稿と星の評価をお待ちしてます!
そしてもし、ご自身のブログなどでかあちゃんの新刊本について書いてくださったかたがいらしたら、どうぞこのブログのコメント欄でお知らせくださいね。

スポンサーリンク

【服屋であるある】あなたが得するお客様になる方法” に対して 4 件のコメントがあります

  1. ふくふくねこ より:

    動画、楽しく拝見しました。
    笑顔を忘れず、でもキッパリ! 気をつけます。
    そう言えば以前、ショップの方に言われました。
    「マダムが若いOL向けの服を手に取って、似合う?って聞かれるのは辛い。
    でもね、表情が豊かな方は、だいたいOKなんですよ」

    それにしてもファストリ、スゴイですね。
    テニスとゴルフって、アメリカの投資家層向けだなあと思ってました。
    ITとグローバル担当コンサルの手柄かも知れませんが、ショップの雰囲気も明るいですよね。
    UNIQLOの若いスタッフさんに声をかけると、いろいろ教えてくれます。

    品質の向上もスゴイ。20年前、友人が広報在職中にくれたサンプルは、パジャマにしかなりませんでした。
    先日、イタリア製品主体のセレクトショップに行ったら、私が着てたUNIQLOのハイブリッドダウンを見て「それ、うちで買った?」。

    かあちゃんのブログは、ビジネスの視点もあるところが大好きです。これからも楽しみにしています。

    1. 輪湖もなみ 輪湖もなみ より:

      ふくふくねこさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
      海外のユニクロは、日本よりさらにイメージ作りに成功してますよね!
      おっしゃる通り、「昔は諭吉何人分?」のイタリアンブランドの服が、今はUNIQLOと大差なかったりします;^^

  2. 高嶋 より:

    こんにちは、ミランダかあちゃん様

    服屋の店員さん、コーディネート提案が上手い人から、提案どころか接客放棄する人まで、千差万別すぎるなといつも思っていました。
     私が店員さんに、試着だけしてネットで買いますと言ったら、ネットで服の何が分かるの、実店舗で買うべきとか言われました。その後何度か店に行ったのに無視されるので、店に行くのをやめたし、そこの店の服も買うのをやめました。ネットと言っても、そのお店のオンラインショップであって、ゾゾタウンとかでは無いのですが。
     あとは試着していて、違うサイズを出して欲しいと思い声を掛けたら、店員さんが居なくなっていました。どうやら隣のショップの店員とおしゃべりしていて、店から抜け出していたようです。これは職務放棄?
     逆に、ある靴屋さんに行ったら、あなたの服装はこんな感じなのと、全体的な雰囲気がこうだから、この靴を選んだ方が使いやすいですよってお薦めしてもらったことがあります。この時の接客がすごく良かったので、数ヶ月後またお店に行ったら、その店員さんが既に異動で居なくなっていて、すごくガッカリしました。
     あと一つだけ、おかしいと思うのが、着物屋さんです。ちょっと見るだけなのに、何十万もするローンを組ませるまで帰るのを阻止するのはやめた方が良いと思います。これは昭和の話ではなく、つい2、3年前の話です。結局、ローンの契約をさせられてしまい、翌日一人で行くと怖いので大柄な弟と夫を引き連れて断りに行ったこともあります。その後電話番号を3回変えてまで、セールスの電話をしてくるのも本当に怖かったです。

     かあちゃんさまには本当に申し訳ないのですが、ユニクロGUしまむら以外の服屋と着物屋には近づくなというのが、私の考えです。返送料払ってでも、やはり通販のほうが使いやすいです。

    1. 輪湖もなみ 輪湖もなみ より:

      高嶋さま、こんにちは。コメントありがとうございます。それは立て続けに嫌な思いをされてしまいましたねー。
      服の買い方は千差万別で、そうしたトラブルも考えると、ユニクロGUしまむらと通販の方がいい!というのも、一つのお考えだと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA