不幸なオンナにならない色選び。自分のテーマカラーは4段階でうまくいく

今年の秋冬、「ミョーに顔色の悪い女性」が
気になってしかたがありません。
こんなジャケットの色とか・・


出典:GU http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/274546

こんな色とか・・

こういう感じのベージュピンク、なかなか難しいぞ!
特におばちゃんの肌色には、厳しいぞ!
あ、おばちゃんはGUで買うなってこと?(泣)

この「心配され色」に、
さらに今年はボルドーやらレンガ色を合わせる組み合わせ。
難易度マックスだわ。
(すでに買った方がいたらごめんなさい。。。)


出典:GU http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/285172

この前テレビを見てたら、
横澤夏子さんが上下にベージュピンク着てて
あまりの老け方に、かあちゃん持っていた
みかんを落としてワンコに食べられました。(ほんとほんと)

トレンドに飛びつく一番の怖さは、
似合わない色を選んでしまうことと
手持ちの服に合わない色を選んでしまうこと。
そうならないために・・というのが今日のお話です。

自分のテーマカラーを決めるには
4つのステップで考えるといいと思います。

(1)土台カラー

黒、グレイ、白などの、無彩色のカラーです。
あなたも持ってますよね?
かあちゃんが、大人世代の方にオススメしたいのは「グレイ」です。
「最近黒が似合わなくなってきた」って人いません?
身も蓋もない言い方すると、
大人世代は、肌色がくすんでぼんやりしてくるので
きつい色が似合わなくなる人、多いです。
「グレイ」は「チャコールグレイ」から「ライトグレイ」まで
明るさに幅があるから、自分に合う色を選びやすい。
それに、
「グレイに合わない色はない!」って言われてます。
黒×黄 タイガースカラー は服には難しいけど
グレイ×黄 はアリですよね。
「明るい」と「暗い」の中間なので、
なんでも受け止められる幅の広さを持ってるグレイ。
着たことがない方は、ぜひお試しを。

(2)ベースカラー

ワードローブすべて黒、グレイ、白だと、
大人世代には、ちょっと地味で暗い。
なので、プラス1色を軸色として持っていると便利です。
かあちゃんの場合は「茶系のグラデーション」なのだけれど
この色選びは、下の記事を思い出してみてね。
イエローベースとブルーベースがあるよってお話でした。
流行色より季節らしさを。「美人に見せる色」の見つけ方

(3)アクセントカラー

かあちゃんの場合は、カーキからグリーンです。
ここで大事なのはベースカラーとアクセントカラーの
色系統を揃えておくこと。

一口に茶色から緑といっても、
赤みの強い色から、黄みの強いもの
グレイが入ったものや、
絵の具のチューブから出したてのような、にごりのない色まで
いろいろあるから
「同じ色で揃える」ことより
「トーンを揃える」ことのほうが大事。

昨日ご紹介したパレットで比較してみてくださいね。

ここで、クロゼットマップのことを思い出してみてください。
かあちゃんのワードローブの「基本」の服は
「土台」「ベース」「アクセント」の色で構成されてます。↓

(4)「スパイスカラー」

最後に効かせる色が、スパイスカラー。
「スパイス」だから、ほんのちょっと、小面積でいいの。
たくさん入れすぎると、激辛唐辛子担々麺になっちゃう。
このとき、アクセントカラーの反対色を選ぶと
ピリッときますよ。
かあちゃんはグリーンの反対側の、赤からオレンジ。
シックにまとめたいときは、もちろん省いてもOKね。

というわけで、こうして選んだ4段階色は
昨日の「わたしブランド」を考える上で、
また、快適で迷わない服選びのために、
とっても大事な要素になります。

たまに
「パーソナルカラー診断で”サマー”って言われたから」と
そこから一切ハミ出そうとしない方もいるんだけど
それはちょっともったいないかも。
もちろん似合う色の目安にはなると思うけど
同じ色の赤でも、サテンの赤とウールの赤とコットンの赤じゃ
全然雰囲気は違うでしょ?
色の傾向は頭にいれつつ
ざっくり私はブルーっぽいのね くらいに思ってて
あとは、服を顔にあてるを繰り返して経験値を上げる、
これがやっぱり確実な方法だと、かあちゃんは思います。

ねえねえ、ところでトレンドってどうやってとりいれるわけ?
いつも同じ形と色じゃ、つまらなくない?
には、次回お答えしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA