銀行にいるおばさんあるある

暑い暑いと、
ついズルズルよれよれした
スヌーピーのTシャツとデニム、
超お気楽な格好で銀行に行ったら、
入り口に立つ案内係りの女性が
なんだかとても涼しげで上品に見えました。

「抜け感」とか言いますが、
夏は、デコルテも二の腕も何もかもむき出しで
いわば「抜けだらけ」。

もう十分に、「肉」は見えてますから
おばちゃんにこれ以上
「抜け感」なんていらないのかもね〜。
いくらご近所でも、
少しきちんと、
少しコンサバ
くらいが、
夏のおばさんのちょうどいい
さじ加減なのかもしれないです。
気をつけよっと。

おばさんが大好物なかあちゃん、
案内係の女性が一度気になりだすと、
とことん観察してしまう悪いクセ。
帰ってから思わずイラスト描きました。(笑)

「銀行にいる案内係のおばさん」(←おばさん呼ばわりゴメンナサイ。)
V.S 「銀行に来たおばさん」(←かあちゃんのこと)

★「銀行にいるおばさん」★
・制服を決して着崩さない
・呼ぶと首を15度に傾けながら、小走りに駆け寄ってきてくれる
・暗証番号を入力するとき、大げさすぎるほど目を背ける
・黒のローヒールを履いていて、音を立てずに近づく
・少し声が高い
・落ち着いた声なのにドスはきいていない
・両手を重ね脇の下こぶし1個分という、正統派なお辞儀をしてくれる
・番号札のボタンを人差し指で優雅に押す
・レシートみたいな番号札を、こちらむきでていねいに渡してくれる
・「あちら」と言うときの指先がきれい
・おさげの人はいない
・三つ編みの人もいない
・もちろん金髪もいない
・いつも本当に申し訳なさそうに謝っている

★「銀行に来たおばさん」★
・待ち時間にレタスクラブを熟読し夕飯を決める
・「キャベツ特集」が気に入り、この雑誌買おうと思うが、銀行を出ると忘れる
・老眼鏡とメガネをかけ替えるのに忙しい
・日傘は傘立てにいれていいか一瞬悩む
・迷った挙句持って入り、ATM横に傘を忘れる
・3つ用事があると、だいたい1つやり忘れる
・ATMの前を立ち去るとき、忘れ物がないか指差し確認してしまう
・防犯用のカラーボールを投げてみたい衝動にかられる
・振込の「あてはまらない」ボタンは、いちいち必要なのかと考える
・「ノロノロするな」と、列に並んでいる人に思われるのではと思い少し焦る

以上おばさんあるあるでした〜。
って、ファッションの話じゃなくなってるじゃないの〜!(汗)

★あなたのスカーフを世界にたったひとつのバッグにリメイクします★
オンラインショップはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA