ワイドパンツを買う前に知っておきたい素材のこと

こんにちは。ミランダかあちゃんです。

急に冷え込んできたので、「リメイクスカーフストール」
完売になってしまいました。
お問い合わせをいただいた方、webshopを見てあれ?と思った方ごめんなさい。
10月販売分は終了ですが、11月にまた販売再開します。
再販についてはこのブログでお知らせしますので
申し訳ありませんが、今しばらくお待ちくださいませ。

今日、ある女性とお会いしたら
「あさイチ、駅で転んだーーー」と
お気の毒なことにパンツの膝が汚れてしまっていました。
怪我がなくて不幸中の幸いでしたが、
ワイドパンツって地味に転びやすくないですか?

実はかあちゃん、この白いパンツを履いていた時
なんの障害物もないところで転んで、膝を骨折し入院するはめに!
(しかも娘の大学受験中。とほほ情けない。)

 

 

かあちゃんだけなら「老化でしょう」と納得するのですが
娘が下のベージュのチノ素材のパンツを履いて出かけた日
やはり派手に転んで、膝に穴を開けて帰ってきました。

下のグレイの薄手ウールのワイドパンツは
もう5年くらい履いてますが一度も転んだことはないので
これ、ひとえに「素材のせい」ではないかと思います。

最初の2つのパンツは「綿素材」で
足と足がすり合わされた時の、生地の滑りが悪いんですよね。

 

以前に
「ベルベット」と「ベロア」の違いについてこのブログで書きましたが

今年の秋のトレンド素材・ベロアを着るとき気をつけること

もう一つ紛らわしい素材があります。
それはコーデュロイ(コール天)。

 

出典:Pinterest

コーデュロイはこんな感じで、ストライプ状の凹凸になってる生地で素材は綿です。
なので、1番目のホワイトと2番目のベージュと性質は同じで滑りにくく
どうしても足さばきが悪くなります。

それとさらに紛らわしいんですが、ベッチンも綿素材のことが多いです。
やはり起毛してあるので冬用の素材に見えますが、綿なので暖かくありません。

学生時代はリーバイスのコーデュロイスリムフィットを
ツルツル光るほどよく着て、散々お世話になりましたが
大人のワイドパンツの素材としては、少々注意が必要かもしれません。
今年、光沢起毛素材のワイドパンツがものすごくたくさん出ているので
選ぶ際には、少しだけ気にしてみてください。
みなさんに怪我して欲しくないので〜!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA