最強のクロゼット色構成は、色の4グループ分類から!

昨日の続きで、
クロゼットの色構成は、服のお店をマネすれば上手くいく
今日は色の話をします!

この内容は、
いわゆる「色彩学」とは異なります。
勝手にこしらえたかあちゃん’S理論でして
今必死で書いている本にも盛り込み予定です。
色彩の専門書の定義などとは
異なる部分が多々ありますので、
記事の転載やセミナー使用などは
お断りしています。よろしくね〜。

さっそくですが、
クロゼットの服の色構成でお悩みの方は
「とりとめもない型」と「ばっかり型」の
2タイプにわかれるのではないでしょうか。

こんな感じで ↓
いろんな色がごちゃごちゃ混在しちゃってる
「とりとめもない型」

それと、なぜか色が極端に偏っている
「ばっかり型」

服の色は「無彩色・順無彩色・暖色・寒色」の
4つに分類できます。

「とりとめもない型」は
4グループ全部の色が混在してるパターン、
「ばっかり型」は
1グループの色に偏っているパターンです。

4グループの色を順に説明しますね。

(1)無彩色=黒、グレー、白、シルバー

いわゆるモノトーンのことで
白と黒、そして白と黒を混ぜたグレーです。
色味がないですから、どんな色とも合わせやすく
たまにワードローブはすべて無彩色、
という人がいますが
それ実は、わりと誰でも
簡単にコーディネートができる色構成です。

(2)順無彩色=紺、茶、ベージュ、カーキ

色味はあるけど、無彩色に近い色です。
ざっくりですが
紺=ブルーに黒を混ぜた色
ベージュ(アイボリー、オフホワイト)=白に黄色や茶色を混ぜた色
カーキ=グリーンにグレイを混ぜた色
ですから、
白黒グレイに近い色と解釈します。

(3)暖色=赤、ピンク、オレンジ、黄色、ゴールドなど

見た感じ暖かさを感じる色です。

(4)寒色=青、緑、紫など

見た感じ、涼しさ寒さを感じる色です。
紫は、青みが強ければ寒色、
赤みが強ければ(ボルドーなど)暖色
の仲間に入れてあげてください。
色彩学では緑や紫は中性色と定義されますが
そこは無視してます。

みなさんの持ってる服
かならずどこかのグループに当てはまりますよね?
(柄物については、また別記事に書きます)

この4グループの色の服を
どのくらいの配分で持つといいのかという話です。

服のコーディネートで使う色は
次の3種類にわけて考えるとうまくいきます。

「ベースカラー」=着こなしの土台になる色
「アクセントカラー」=ベースカラーのアクセントになる色
「スパイスカラー」=ぴりっと少量効かせる色

「無彩色・順無彩色・暖色・寒色」の4グループのうち
「ベースカラー」にできるのは
「無彩色」と「順無彩色」です。
v
様々な色と合わせやすいこのグループの色が、
ワードローブの半分ぐらいあると
服の組み合わせを考えるのがとても楽です。
全身赤とか全身紫って
毎日だとちょっとお腹いっぱいになるでしょ?

★ベースカラー=無彩色・順無彩色
★アクセントカラー=暖色・寒色
★ベースカラーとアクセントカラーの比率=7:3

これが一番楽にコーディネートができる配分です。
7:3はかあちゃんのおすすめ比率ですが
これについては、後日また説明しますね。
ただしベースカラーは4以下にしないでください。
ベースじゃなくなります。

こちらは、
・ベースカラー=無彩色
・アクセントカラー=暖色
の構成です。

次に
・ベースカラー=無彩色
・アクセントカラー=寒色

どちらもすっきりして
迷わず色を生かしたコーディネートができそうでしょう?

次に
・ベースカラー=無彩色+順無彩色
・アクセントカラー=暖色

次に
・ベースカラー=無彩色+順無彩色
・アクセントカラー=寒色

ぐっとお店に並んでいる服みたいに見えてきませんか?

どうしてお店っぽく見えるといいのかというと
お店に並んでいる服は
こっちのジャケットとあっちのパンツ
そっちのニットとそっちのスカート
というふうに、
組み合わせられるようになってるでしょ。
それは、様々な組みあわせが成り立つように
ちゃんと色や形を計算して作ってあるからなのね。

たいていの方のクロゼットが
こんなふうに整然とならないのは
いろんな型といろんな色を
数や比率を決めずに持ちすぎているからなんだと思います。

ずいぶん長くなってしまいましたので
続きはまた明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA