ヨーロッパ的・アメリカ的美の基準

今日ご一緒した20代の素敵な美女が「うちの母も相棒を見ているとすぐ寝ます」と言っていました。
なんだか嬉しいです。
こんにちは。ミランダかあちゃんです。

 

ミランダかあちゃんオンラインサロン「大人おしゃれ部」で、chuchuさんからこんな質問をいただきました。

質問は、「エリザ・ナリンとアイリス・アプフェルの違い 」です。
エリザ・ナリンさんの服装の色使いは、驚異のバランス感覚でいつも心底感嘆してしまいます。
なんて素晴らしい、どうしてこんな色合わせで破綻しないのだろう!と。(髪がプラチナ色のショートなのも助けになっているかもしれません)
一方、アイリス・アプフェルさんも同じように、全身自由奔放な色使いですが、アプフェルさんの組み合わせには、個人的には(…う〜む?)と感じます。(第一にアクセサリーが巨大すぎ?)
もちろん、100歳近くなってもオシャレを楽しむ姿勢やエネルギーには心から敬意を持っています!
一見破天荒な?色使いのこのお二人について、なぜこのように違う印象を持つのでしょう?
何が違うのでしょう?

 

 

この通な質問に、かあちゃんうなりました。
サロンの皆さん、意識高すぎ高杉くんです。

 

 

エリザ・ナリンさん。
イタリア生まれのスタイリスト。


出典:pinterest

 

 

アイリス・アプフェルさん。
90歳を超えて活躍するニューヨークのインテリアデザイナー・ファッションアイコン。

出典:pinterest

 

一言で言ってエリザ・ナリンさんは「ヨーロッパ的」アイリス・アプフェルさんは「アメリカ的」で、
2人とも派手な色使いが一見似ているようでいて、極めて対照的です。

ヨーロッパ的価値観の代表的なものは「古いものを大切にする」「調和を重んじる」。
メゾンの新任デザイナーも、まずはそのブランドの歴史やアーカイブをあたり、そこから新しいものを生み出そうとしますし、
パリやミラノの街並みを見ても、調和を乱す建造物は絶対に建てられないですよね。
エリザ・ナリンさんは色使いが遺伝子的に得意なイタリア出身なので、
明度彩度トーン合わせはもちろん、デザイン・シルエット・分量感などのバランス感覚がずば抜けています。
素晴らしい絵画は色をたくさん使っていてもなぜかしっくりくるのと一緒で、派手でも安心して見ていられますよね。

 

 

一方アメリカ的な美の価値観は、「わかりやすさ」と「目立ってなんぼ」です。
人種のるつぼの中、一目で自分がどういう人間か相手に印象づける必要があるわけ。
ドラマ「suit」でハーヴィー・スペクターが、新人のマイク・ロスに「まずスーツを買え!」って言うけど、服は「ハーバード卒」と同様、その人を表す記号。
登場人物はみんな、わかりやすくお金持ち風・見るからにデキる人風ですものね。

アイリス・アプフェルさんは、顔の半分くらいあるメガネや、全部の指に巨大な指輪など、
あえてありえないバランスでスタイリングを組み立て、見る人に強烈なインパクトを与えることで、
ファッションアイコンとしての自分を演出しているんだと思います。
色んな意味ですっごくニューヨーカーっぽいですね。

 

日本人は、おそらくヨーロッパ的価値観が、より親しみやすい方が多いと思います。
日本の着物こそ、まさに柄と色彩の文化そのもの。
着物も帯も全て色物柄物で、半衿や帯揚げや鼻緒などでも色柄を入れ、さらに季節感まで入れ込むなんてものすごいテクニック。
トーン合わせやトーンはずしなんて、日本人は本当はお手のものなはずです。
さらに、そこまで色柄を多層的に使っても、「洒脱」「粋」であることも忘れない。
これって、ヨーロッパの「シック」と言う価値観にとても近しい気がします。

ヨーロッパ、アメリカ、日本、その他の国々の美の感覚は、長い歴史の中で遺伝子に刷り込まれてきたもので、
ファッションはもとより、絵画や建築、あらゆるものににじみ出ます。
歴史や絵を学んでいると、ある日その点と点がピッ!と結びつくことがあって、なんて奥深いのかしら、と思います。

スポンサーリンク

ヨーロッパ的・アメリカ的美の基準” に対して 2 件のコメントがあります

  1. culvergirl より:

    こんにちは。
    アメリカ人の、と言っても、かあちゃんさんが例に出されたニューヨーカーとはまた違うと思うのですが(ニューヨークはアメリカでありながらアメリカでない、みたいなところがあるので。フランスという国にとってのパリみたいな?)、アメリカの一般人のオシャレIQって限りなく低い気がします。というか、服装にたいして気を遣っていないという感じかな。
    私も、アメリカではおよそいい加減な格好をしているので、日本に帰省する際には服装計画に苦労します。ただでさえ縦横デカイのに、日本のトレンドからかけ離れた格好をしていると浮きまくることは必至なので…(苦笑)

    1. 輪湖もなみ 輪湖もなみ より:

      culvergirlsさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
      アメリカ国内でも、東と西海岸、場所によっても相当違いますね。
      日本の女性は、皆同じように見えるとは言われますが、総じておしゃれだと思います。

輪湖もなみ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA