走れる脚長シューズを探せ!〜その2〜

こんにちは。ミランダかあちゃんです。

昨日の続きの走れるシューズ、今日はタビシューズについてです。

メゾンマルジェラのタビブーツ。
初めて見たときは「大工さんですか?」と思いましたが、
ファッションオタクの友人が「あまりにラクでやみつき」と豪語していたので、
昨年ミラノで初タビブーツ(下写真左)を手にいれてみました。(日本の40%offのセールより安かった!!)

ヒールの高さ、なんと8㎝もあるんですよ!
なのに円柱型のがっしりした太ヒールが安定感抜群、柔らかなカーフが履けば履くほど足に馴染んできて、もはや靴下状態です。
タビと全く同じで三角形の「こはぜ」がついているので、履いてから足首に合わせて微調整可能なのも、フィット感を生むポイントかと思います。

タビブーツを履くときは、必然的に靴下もタビ状のものの方が足入れがスムーズなので、
かあちゃん今年の冬はユニクロヒートテックレギンスと五本指シルクソックスの組み合わせで、足元ぽっかぽか。
実に快適に過ごせています。

 

「どうせ日本じゃサイズがないだろう」と思ってミラノで買ったのですが、
実は38サイズは日本でも取り扱いがあることがわかり、かあちゃん小躍り。

ちょうど来シーズンタビシューズのモデルチェンジがあるらしく、こちらの旧型が日本でもセールになっていたので、早速お迎えしました。
ちなみに足首にぐるぐる巻きのベルトは、とって履くこともできます。

 

春シーズンからは、こちらのプラットフォーム型(つま先部分も厚底)になるらしいです。

(↑メゾン・マルジェラのサイトより画像をお借りしました。)

 

昨日の厚底スニーカーと、タビシューズがあれば、9㎝ヒールのローテーション登場回数は3日に一度ですみそう。
身体を必要以上に甘やかさないように適度な「ハイヒール筋トレ」もしつつ、インターバルを入れましょう。

 

かあちゃんが毎年シーズンにさきがけて計画を練り、一番に買うのは「靴」です。
例のシューズクローゼットにずらっと靴を並べて、ベットからうっとり眺めながら(←ど変態)どんなスタイリングをしようかと、妄想は膨らみます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA