カシミヤストールのお手入れの基本

こんにちは。ミランダかあちゃんです。
家から外に出ない日が2〜3日続くと、顔がいっそうたるんでくる気がします。・・おおこわっ。
そろそろ平常ペースに戻さなきゃ。
お正月休み、みなさんはゆっくりされましたか?

さて、YouTubeのカシミヤストールの回に、お手入れ方法についてのコメントをたくさんいただきました。

(質問)おうちでお洗濯していいですか?
(答え)基本手洗いNGの場合が多いです。
ニット同様、ストールにも洗濯絵表示がついているので、手洗いが可能かどうか必ず確認しましょうね。

 

(質問)手洗い可能な場合の正しい洗濯方法は?
(答え)洗い桶に水をはって、ウール洗い用洗剤を入れてよーく泡立てましょう。
「水よりお湯がいいですか?」とよく聞かれますが、お風呂のお湯くらい熱いと、縮んでしまう原因になりますのでご注意を。

洗剤はTHE LAUNDRESSの WOOL&CASHMERE SHAMPOOを使っています。
アクロンでもなんでもいいと思うのですが、ほのかな香りがいいのと、仕上がりのふっくら加減が好きなんですよね。

 

十分に泡立った中で、ストールを軽く押し洗いします。
絶対にやってはいけないのは、お雑巾みたいにゴシゴシ洗うこと。
繊維が毛羽立って、毛玉になりやすくなっちゃいますので。

斜めドラム式の洗濯機にブチ込むのもNGです。
回転しながら洗濯しているうちに繊維が傷つきます。
何しろカシミヤは摩擦に弱いので、こすれとかよじれに弱いんです。

すすいだら、最後に柔軟剤で仕上げます。
見当たらない場合は、ヘアケア用のリンスでもOKです。
ざっくり言って、獣毛は人間の毛髪と同じなので。

 

すすぎまで完了したら、ストールを軽く畳んで洗濯機の脱水を1分だけ。
長く回しすぎないように気をつけて、あと脱水したらすぐに取り出して乾かすのがポイントです。
あとは風通しのよい日陰で平干ししましょう。

この手順はホームクリーニング可のカシミヤニットも同じです。
かあちゃんは白っぽいストールは2〜3ヶ月に1度
黒っぽいストールは、ワンシーズン1度くらいしか洗いません。


(質問)ブラッシングは何を使ったらいいですか?

(答え)厚手カシミヤストールはニットと同じ獣毛ブラシでブラッシングして大丈夫です。
薄手カシミヤの方は、毛玉ができることはあまりないと思いますので、ブラッシングしなくて大丈夫。
薄手カシミヤに強くブラシをかけると、織り目が片寄ってしまうこともあるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA